お人形さんみたいに可愛い女性へ生まれ変わろう

満足のいく目元を作る

19世紀の手術を辿る

女性

美容整形の世界において取り扱われる手術の中で、二重の整形手術には思い入れが深い医師も存在します。目元は、人の印象を決定づけるともいわれていますので、それだけ美容整形の歴史の中でも、重要な手術の一つとして扱われてきました。 現在では、より目元をはっきりさせるための手術として、眉下切開法という方法が実施されています。 美容整形における二重手術の歴史としては、19世紀の日本でも実施されていたとされています。それほど古い歴史をもっていますが、当初は、医学的な見地から手術なども実施されていました。時代が経過して、世界的にも美容面での意識が高まり、技術が進歩すると、日本にも美容クリニックができる様になっていきました。美容クリニックでは、二重手術などを始めとして、一ヶ所の部位に対しても様々な方法が実施されるに至っています。眉下切開法についても、目元を明るくする印象があるとして、利用する人が増えている技法となっています。

技術力の高さが結果に反映しています

眉下切開では、文字通り眉毛側の余分な厚み部分を切除する事になります。唯、手術を実施した後に、傷跡が目立つ場合があり、利用者にとっては術後のマイナス点になるケースがあります。加えて、手術を実施した後に、毛根が傷ついて眉毛が生えてこない場合などもあります。そのため、眉下切開を行う場合には、かなりクリニックによって、あるいは担当医師によって、結果に違いが出るというのも特徴となっています。それだけ、各クリニックでも、利用者の満足がいく仕上がりを研究し、眉下切開の技術を高める努力を行っています。 眉下切開に関する症例数が秀出て多いクリニックなども見られます。自分でも情報を収集しながら、手術を実施する様にしてください。